機甲創世記モスピーダ 主題歌 失われた伝説をもとめて アンディ

Watch this video via Vidmaski


『機甲創世記モスピーダ』(きこうそうせいきモスピーダ)は、1983年10月2日から1984年3月25日までフジテレビ系列で放送されたタツノコプロ・アニメフレンド制作のテレビアニメ(放送期間は、キー局でのもの)。全25話。
タツノコプロがアートミックと共同で企画・制作した作品。主役級メカニックである、可変戦闘攻撃機・レギオスは『超時空要塞マクロス』のバルキリーと同様に三段変形するが、より洗練・複雑化したものへと発展している。バイクが変形して強化服になるライドアーマーは、当時のアニメとしては斬新なアイディアと評価されている。またタケカワユキヒデ作曲による主題歌が話題となった。オープニングの作画を担当した金田伊功は、本編には第1話の導入部や、バンクとして使われたオープニングのカットといった僅かな部分にのみに参加している。

個性的なキャラクターたちと、目的地をめざしての道中で出会う様々な人々や出来事を描くロードムービー的なストーリー、異星生物による地球占領という最悪のファーストコンタクトなど独自色の高い一作だった。

Genesis Climber MOSPEADA ( Kikō Sōseiki Mosupīda?) (literally "Armored Genesis MOSPEADA") is an anime science fiction series created by Shinji Aramaki and Hideki Kakinuma. The 25-episode television series ran from late 1983 to early 1984 in Japan. MOSPEADA stands for Military Operation Soldier Protection Emergency Aviation Dive Armor, one of the transformable motorcycle-armors the series features. The other primary mecha featured in the show is the three-form transformable fighter called the Armo-Fighter AFC-01 Legioss, which is somewhat similar in design to the VF-1 Valkyrie variable fighter from The Super Dimension Fortress Macross.
Genesis Climber MOSPEADA Kikō Sōseiki Mosupīda